格安航空券で出張も家族旅行も一人旅も全てお得に♪格安航空券の仕組みについてご紹介

- 大手航空会社は影響を受けるの?

大手航空会社は影響を受けるの?

格安航空会社が参入するにあたって、大手の航空会社はどのような影響を受けているのでしょうか。
今まで大手航空会社を利用していた人が格安航空会社を利用することも、実際に起こっている事実です。

大手航空会社への影響

大手航空会社では、表向きでは客層が重ならないというように言っています。
実際に客層が重なるようなことはなく、影響を受けるとしたら高速バスやマイカーを使用していた人が、格安航空会社を利用するというように考えているのです。
しかしそれでも、今まで大手航空会社を利用していた人たちは、安いほど良いと考えるはずです。
そうなると、やはりLCCの方が良いかもと思い、そちらにお客さんが流れていってしまう可能性は十分にあります。
でもそういった客層においては、元々利益として考えていないため、影響は軽いものだと大手航空会社は言うのです。

大手航空会社の収益の源は?

大手航空会社にとって一番の収益源は、ビジネスにおいて飛行機を利用する客層です。
ビジネスに飛行機を利用するお客さんは、基本的に急な出張などが多く予約の変更も多々あります。
ということは、高額なチケットを購入してくれることになるのです。
収益源として、最も大きなものになります。
でもビジネスに利用している人たちの中でも、当日でも安い価格なら格安航空会社の便に乗ろうと思う人もいるでしょう。
そういうお客さんにおいては、どうなるのでしょうか。

格安航空券の購入

スカイマークにおいては、当日に飛行機に乗りたいと思うビジネス客のためにも、安い料金でチケットを購入させてくれます。
安ければどこの航空会社でも良いと考える人であれば、こちらを利用することになるでしょう。
安ければ安いほど良いと考えるお客さんが理想としている料金で、格安の航空券を購入出来ているのが、現状としてあります。
格安航空会社がこれからも発展していくのか、大手航空会社が一歩も譲らないのか、今後もどのような形で航空会社が利用されるのか、変化が見逃せないですね。

  ← 前の記事:   次の記事: