格安航空券で出張も家族旅行も一人旅も全てお得に♪格安航空券の仕組みについてご紹介

- もしも遅れが出た場合には?

もしも遅れが出た場合には?

格安航空会社が格安を徹底づけられる理由としては、着陸してから出発するまでの時間を短くしているということがあるのです。
こういった体制にしていることから、格安が成り立っていることになります。

もしも到着便が遅れると

格安航空会社としては、到着便が遅れることにより、次の目的地の出発時刻が遅れることになります。
出来るだけこういったことを避けるようにはしていますが、天候などでどうしようも無い時もあります。
もしもこういった遅れが出た場合にはどのような対応をするようにしているのでしょうか。
天候などの不可抗力の場合は、ピーチやソランド、そしてスカイマークやANAやJAL全て、自社便への振り替えや払い戻しを行っています。
しかしもしも航空会社が機材不良などが起きて便が遅れた場合は航空会社によって対応が変わってきます。

航空会社理由で便が遅れた時には

ピーチやソランドについては、自社便への振り替えや払い戻しをしますので、基本的には不可抗力での遅れと同じ対応が多いです。
しかしスカイマークについては、自社便や他社便、そして他の交通機関への振り替えを行っています。
翌日移行の振り替えの時には宿泊費については、自己負担です。
払い戻しも行いますが、有効期限の30日延長というような対応をしています。
これは、ANAやJALも同じことです。

格安航空券を購入する時には覚えておきましょう

実際に自分が乗る飛行機が遅れてくるというようなことも、あり得ることです。
そういう時に、航空会社はどういう対応をしてくれるのかということは、知っておく必要があるのです。
というのも、こういうことが起こった場合には、カウンターは非常に混雑をすることになります。
質問がしたくても出来ないこともあるでしょう。
でも事前に知っていれば、航空券をどうすれば良いかなどが分かっているので、落ち着いて対処することが出来ます。
特に遅れが出やすいと感じる航空会社を利用する際には、特に注意が必要です

  ← 前の記事:   次の記事: