格安航空券で出張も家族旅行も一人旅も全てお得に♪格安航空券の仕組みについてご紹介

- 格安航空会社の歴史について

格安航空会社の歴史について

格安航空会社の初期はどのようなものだったのでしょうか。
最初から格安航空会社は人々に受け入れられてきたのでしょうか、それともなかなか難しかったのでしょうか。その歴史について考えてみましょう。

格安航空会社の始まり

2012年の3月1日に、本邦初の格安航空会社のピーチが関空〜千歳空港に就航したのです。
1990年代の航空規制緩和依頼、新興航空会社が続けて設立をされたのです。
日本においては、新興航空会社が新しい路線に就航をすると、大手航空会社が対応手段として、それに合わせた便の航空券を安く設定してきたので、結果としてはそんなに集客をすることが出来ませんでした。
結果として、新興航空会社は経営不振になったのです。
それからはスカイマークを除いてほとんどは、ANAの傘下になりました。
しかし結果としてはANAの支援を受けて業績を回復させることに成功したのです。
スカイマークにおいても黒字になることが出来ました。

新興航空会社について

初期に設立された会社においては、経営悪化をしました。
パイロットや乗務員の人件費を抑えるように努力をしました。
でも結果としてこれだけでは運賃の低下が十分ではありませんでした。
乗務員がチェックインや機内の清掃を兼務したりしています。
生き残りをするために、サービスと料金面において中立的な立場として摸索をしているところです。

LCCについて

大手航空会社との間に資本や強力関係を持っています。
そして料金体系やサービスが大きく違うため、大手と直接争うようなことにはならないと判断をされています。
競争相手としては、従来新興航空会社の中でも特にスカイマークだと言われています。て手荷物を預けたり座席指定においては有料になります。
そうすることにより、これは必要無いという乗客にとっては要らないサービスということになるのです。
必要なサービスだと判断した乗客においては、これを有料で利用することになります。
そういった工夫をして結果としては格安航空券を売ることが出来ているのです。

  ← 前の記事:   次の記事: